Webマーケティングがうまくいかないと悩んだら立ち戻るべきたった1つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webマーケティングってムツカシイ

こんにちは!

女性起業家のためのWebマーケター、榎本です。

この記事を読んでくださっている方は、ネットで集客をしたくていろいろ試してきた方が多いかもしれません。

例えば、

  • 知り合いの経営者が「ブログいいよ!」っていうから、とりあえずアメブロやってみた。
  • 「ホームページは必須でしょ!」と思って、あまり知識がなくてもできるアメブロやJimdoやWixなんかで作ってみた。

うまくいっているあなたは素晴らしいです!
今度、ぜひ話を聞かせてくださいね!

でも、もしあなたが「Web集客うまくいっていない・・・」とお悩みなら、もしかしたらこの記事が役立つかもしれません。

今日は、そんなあなたに「Webマーケティングがうまくいかないと悩んだら立ち戻るべきたった1つのポイント」をお伝えします。

立ち戻るべきたった1つのポイントとは

ネットからの集客っていっても、パソコンの前にはお客様っていう人間がいるんだよ
ってこと。

つまり、ネット経由であなたのサービスを利用してくれるあなたのお客様が

  • そもそも何に悩んでいたり、どんな願望を満たしたいと思って、
  • その悩みを解決したり、願望を達成する過程でどんな行動をして、
  • その行動の中でどんな風にブログやホームページなどネット上のツールを使うのか、

をとにかくハッキリさせた上でWebマーケティングに取り掛かろうよ、ってことなんです。

とにかく、これがWebマーケティングを始める前の基本中の基本になります。

「Webマーケティングがうまくいかない」という女性起業家の話を聞く機会は多いですが

実際のところ、ほぼ100%の確率で、このポイントが曖昧になっています。

そんな人は大きく2つのパターンに分けることができます。

1つめは、自分で試してみたけどうまくいかないケース

これは、例えば知り合いがブログ集客できたっていう話を聞いて、自分でも始めたっていうパターン。
とりあえずネットとか本とかで調べてみて、アメブロなんかからやってみる人が多いですよね。

そんな人は「ブログで稼ぐノウハウ」とか、そういうWeb上のツールのノウハウや技術なんかにとにかく目が行きやすいです。

で、基本の「き」であるお客様のことが置き去りにされた状態で「SEOっていうのは!」「ブログのタイトルは!」「ブログの構築方法は!」とかばっかりに力を入れたりします。
結果、集客がうまくいかなかった場合に、なぜそうなるのかが全く分からず、途方にくれることになる。

つまり、お客様のことを忘れて、テクニックでなんとかしようとしてハマるケースです。

2つめは、Web作業を外注してみたけどうまくいかないケース

これは、例えばホームページを作ろうと思ったけど自分では難しいから、業者に頼んでみた、っていうケース。
経験則ですが、見た目が豪華なホームページを作っては見たけど、内容が薄くて集客にはつながらない、って人が多い気がします。

で、こういう人が陥りがちなパターン。

ホームページを外注したはいいけど、業者さんから「ホームページに掲載するコンテンツをくださいな」って言われて「何を書いたらいいんだろ?」って悩む。
業者さんに相談してみても、一般論に毛が生えたような内容が返ってくる。
結局は自分でウンウン悩んでコンテンツを考える。
でも、悩んで余裕がないからお客様の視点がすっぽり抜ける。

で、「売り手目線」の売らんかなテイストのコンテンツが出来上がる。

なんとかコンテンツを提出して、見た目はすごくいい感じのページが仕上がった!
でも、ページを公開してもなかなか集客や売り上げにつながらない。

さらに悪いのは、ホームページは公開してからお客様の反応をみて育てていくのが基本なのに、一度感じたホームページへの「嫌悪感」がこの女性起業家をますますホームページから遠ざけるわけです。
つまり、作ったら作りっぱなし。放っておきっぱなし。
だから、ますます集客や売り上げにつながらない。

最終的には「やっぱ、Webからの集客って難しいなぁ・・・」と、本来なら得られていたかもしれない有効なチャネルを捨ててしまうワケ。

いずれのケースにしても

「Webマーケティングで対象になるのは、パソコンの前にいるお客様」って意識がすっぽり抜けていることがすごく大きな原因です。

本当にね、Webマーケティングに関するコンサルティングや実作業をやればやるほどに思うのが

「Webマーケティングの手法はしょせん販促ツール。
 あなたのお客さんがある程度想定通りにWebを使うんなら、Webマーケティングは役立つ。
 けど、Webを使わないのなら、もしくは想定とちがう使い方をするなら、結局お客さんには届かない。」

だからこそ

Webマーケティングをやるなら、パソコンの向こうにいるお客様を意識しないと何をやっても無駄無駄無駄!

ってこと。

だからもしあなたが

笑顔の女性

「Webそんなに詳しくないけど、Web集客してみたい」って考えるのなら、一見遠回りに見えるかもしれないけど、「パソコンの向こうにいるお客様のことを徹底的に考える」ってことを肝に銘じてみたらいかがでしょうか?

ちなみに、お客様のことを徹底的に考えるための具体的なやり方を
【大前提】サービス・商品開発には100%のお客様目線が必要だ!
にまとめてありますので、もしよければ参考にして下さい。

Webマーケティングっていうのは、「ブログ」とか「ホームページ」とか「リスティング広告」とか、
なじみの薄い人にとっては、とにかく技術的な面や枝葉末節のノウハウが目に付きやすい分野。

でも、まずはあなたのお客様を起点に考えてみるってことに気を付けてみてね。

っていうことで、今日はこの辺で。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもつながりませんか?